ランチ

ランチについてお話します。

そう皆が食べている昼食ですよね。

昼食(ちゅうしょく)とは、に食べる食事のことである。中食(ちゅうじき)とも[注 1]

昼食の位置づけは文化圏(宗教上も中にはあります)ごとに異なっている。文化圏によっては、昼食を、一日の食事の中でも主要なものと位置づけている国も中にはあります。このスタイルの昼食は、ドイツブラジルスカンディナヴィアなどに見られる。これらの昼食は分量が多く、しっかりと調理されている。

また別の文化圏では、昼食は空腹をしのぐための補助的なもので、主たる食事は夕刻に摂る食事のほうであるとしている場合もある。英米で見られる軽食のサンドイッチやハンバーガーなどでで済ませ、夕食に多く食べるパターンはこちらに当たる。日本ではおにぎりや海苔巻きやお饅頭なども含まれます。

以上のように世界の昼食を一般化することは難しいので、各文化圏の昼食を個別に見てゆくことにする。

日本のランチの歴史においては古来、日本において食事は朝夕の二回だったが、鎌倉時代末期から室町時代初期のころから、貨幣経済の浸透、都市生活民の集積により、都市肉体労働者が増え、朝食と夕食だけでは、途中で労働に耐えられなくなってきたことから、正午頃に食事を摂るようになった。幕末忍藩下級藩士の絵日記である『石城日記』では、昼食を「午飯」と記している。江戸時代の天皇は午の刻昼九ツ(12時)と定まっており、毎日の塩焼きが出されていた[5]。これは征夷大将軍も同じ時間帯である(将軍の朝食と夕食は天皇より早いが、夕食は同じ)。農作業などに従事する人は激しく体力を使うため、昼食と朝食、夕食の間にさらに軽い食事をすることを小昼がある。このような経緯があったので、日本では夕食に重きが置かれていて、昼食はいまだに、とりあえず空腹を満たせばよいと軽く扱われている。家庭にいる主婦は朝食の残り物かありあわせのもので済ませ、勤めに出る主人や学校に通う子供は給食か軽い外食、あるいはコンビニ弁当などで済ませている。家庭で作った弁当を持参することは少なくなった。昼食を外食、あるいは中食で済ます人は20歳代から40歳代の男性なら2人に1人以上、女性でも5人に2人弱がそうである。それどころか、20歳代から30歳代の男性サラリーマンでは1割近い人が忙しいと昼食を食べていない。また、朝は忙しいからといって朝食をとらない人が増えていて、国民全体では13%になっている。昔のように食べるものが十分にないから食べずに我慢しているのではない。昔は食物が乏しかったから1日に2食、今は食べるのが面倒だから再び2食になるのであろうか。最近では女性が女子会などといいランチに数人で集まり、食事をしながら会話を楽しむことが多くなりました。と言いながらも現代の日本ビジネス社会ではではやはりランチというのは空腹を満たす程度の傾向が多いようです。

OLD KITCHEN

オールドキッチン

埼玉県所沢市東狭山ヶ丘

3-676-12

https://old-kitchen.jp/