ナポリタン

洋食の中でも有名な料理ナポリタン。昔から喫茶店などでもよくあるメニューですよね。ナポリタンは、トマトケチャップで味付けし、炒めた日本独自のスパケティ料理のこと。地域によっていはイタリアンとも呼ばれているが、同じものと考えてもよいナポリタンのルーツは諸説様々であるが、戦後アメリカ軍によって持ち込まれたケチャップ味のスパゲティがルーツである、アメリカ本国にあるケチャップ味のスパゲティはソウルフードに近く、大きなミートボールなどを添えている。なおイタリアのナポリにはナポリタンと呼ばれる料理はない。イタリアではスパゲッティ・アッラ・ナポレターナという料理があります。ではスパゲッティ・アッラ・ナポレターナについてお話します。ニンニクの香りを移したオリーブ油にトマトとバジルなどを加えて煮込み、裏ごししたソースをスパゲッティに絡めた料理である。ナポレターナのソースはトマトソース(ポモドーロソース)とは異なり、刻みタマネギ、セロリローリエが入り、バジルは必ずしも入らない。なお、『食の世界地図』によれば、トマトソースを用いた料理には「ナポリ風」と名がつき、トマトソースをからめたパスタを「ナポリターナ」と呼ぶ。また、「ソース・ナポリテーヌ」という、ソース・エスパニョルホースラディッシュなどを加えた、都市ナポリとは無関係なソースも存在するという。一方ナポリタンの作り方は言うと玉ねぎ、人参、ピーマン、ハムやソーセージなどを炒めて柔らかくゆでたスパゲティーを入れトマトケチャップで味付けしたスパゲティーです。ナポリタンとナポリターナは全然違う料理ですよね!

OLD KITCHEN

オールドキッチン

埼玉県所沢市東狭山ヶ丘3-676-12

042-001-2690