オムライスとは

洋食の中でも、ポピュラーで人気メニューのオムライス!

日本で生まれた洋食のメニューの中でも、多くの男の子たちから大人まで、ハートをつかんでいるのが、オムライスです。まさにお母さんの味っていう人も少なくないですよね。そうなんです!このオムライスは、な、なんと!!日本で生まれ、日本で育ちの生粋な一皿です。

オムライスの発祥の店は、実はたくさんあります。その中でも有名なのは、なんといっても様々な洋食メニューの発祥の店としても有名な東京銀座の「煉瓦亭」です。1895(明治28)年創業の「洋食屋の先駆け」!大正ロマンを通り越して、明治のノスタルジックな雰囲気がたっぷりです。

オムライスという名前は、フランス語の「omelette」と英語の「rice」を組み合わせたものと言われていますが、煉瓦亭では、「rice omlet」としています。

まさに和製英語ですよね!

初めてお店で出された煉瓦亭のオムライスは、卵に白飯や具を混ぜて焼いた賄い料理をお客が食べたいと言ったことから提供されるようになりました。ですから、煉瓦亭のオムライスは、薄焼き卵でくるまれていません。煉瓦亭では、ライスオムレツという名前になっています。今で言うケチャップで味付けしたチキンライスを卵焼きで包んだオムライスとはちょっと違いますね。

少し西側におりて、もう1店、有名なのが大阪心斎橋の北極星です。北極星のオムライスは、ケチャップライスを卵で包んだものですから今のオムライスに近いですね。北極星では大正14年からオムライスを提供しています。この時は、常連さんの中に胃腸が弱いのに
オムレツが好きな人がいて、オムレツとライスを別々に頼んでいたのを見て、「いつも同じものでは可哀そうだから」と店主が1つの皿にして出したのが初めてだと言います。

洋風料理の雰囲気をたっぷりと出すために、今では、ライスの味付けもお店によって違いますし、上にかかっているソースも、ケチャップだけでなく、デミグラスソースのものもあれば、ホワイトソースのものもあります。「オムライス」を頼んでも自分が期待するものが出てこない場合もあるのが、オムライスの面白さですね。
このオムライス、なんといってもポイントは、ふわふわのプレーンオムレツです。特にレストランで、ナイフを入れるとトロッとご飯全体にかかる卵は、憧れです。その作り方には実はコツがあります。

まさにふわとろオムレツです!

まず、ボウルに卵を2,3個割り入れ、塩コショウをして混ぜます。この時、混ぜ過ぎに注意してください。少し卵白が引っかかる程度で十分です。

フライパンを十分熱して、高温の状態でバターを入れます。バターが少し溶けたらすぐに卵を入れます。卵は一気に流し入れ、スクランブルエッグを作る要領で、外側から内側へ混ぜていきます。この時、フライパンを前後に動かすと上手くいきます。

全体がスクランブル状になったら、混ぜずにフライパンの奥の方へ卵を集めていきます。フライパンの柄をトントンとたたきながら寄せていくとイイですね。

卵をフライパンに入れてから、できあがるまでは、30秒くらいです。そうです、ポイントはこのスピードです。オムレツは、ご飯の上にのせるのですから、そんなに形にこだわる必要はないのです、逆に形をフライパンの上で整えていると、焼きすぎてしまうことになり卵が固まってしまいます。火から外したとしても余熱でフライパンはどんどん卵を固めてしまいますよ。

まさに、レストランでシェフが作るオムライスは

ふわとろオムライスです。

OLD KITCHEN

埼玉県所沢市東狭山ヶ丘3-676-12

042-001-2690

https://old-kitchen.jp/